学びの中で得た新たな見方

ゆがみは悪いもの?

先日、「骨盤のゆがみが気になる。」と来られた患者さん(仮にAさん)。

症状としては、動き始めの股関節の痛みと時々左膝が痛むことがあり、ご自身の感覚として、左足の方が長く、骨盤が右に比べ、左が上がっているように感じるとのこと。

他には昔から猫背で巻き肩だと気になっていて、慢性的に肩こり、背中の張りを感じているようです。

身体をチェックすると、立位での骨盤の高さや仰向けでの足の長さはほぼ左右差はなく、他動(施術者が触れて動きを確認する)での関節可動域のチェックでは、仙腸関節と股関節内旋時の動きの硬さと左股関節周囲の痛みが誘発される状態でした。

ここまでは、立っている時や仰向け時の他動でのチェックです。

その他、本人に動いてもらってどうなるかのチェックを行います。

動きの中で、力の流れをみることは、呼吸・整体の講師の先生から学び、今まで私が気付かなかった視点でした。

例えば、立位で身体を前に倒す動きの際、どこかで力んだり、力の流れが途絶えていないかのチェックをします。

Aさんに動いてもらうと、膝で力の流れが途絶えていて、膝でこらえるような動きの癖が見受けられました。

このように、実際に本人に動いてもらうことで、その方の動きの癖を知る事ができます。

あくまで個人的な見解ですが、骨盤のゆがみなどの身体のゆがみは、その人の動きの癖の補正として現れると考えていて、ゆがむことでその人なりのバランスをとっているという側面もあるのではと考えています。

そのことから当院では「ゆがみ自体は悪いものではないですよ。」とお伝えしています。

ただ、Aさんのお悩みのように、見た目上のゆがみが気になるお気持ちも理解できます。

コリや痛みはなぜ生まれる?

問診の時、「私は骨盤がゆがんでいるせいか腰痛持ちなんです。」「猫背だから肩がこるんです。」と仰る方がいますが、コリや痛みは本当に身体のゆがみが原因なのでしょうか?

骨盤がゆがんでいなくても、猫背でなくても、腰痛や肩こりで悩んでいる方はいますし、例え身体がゆがんだように見えても特に辛い症状がない方もいるのが実際のところです。

では、痛みやコリはなぜ生まれるのでしょう?

東洋医学にこんな言葉があります。

「不通即痛、通即不痛」(ふつうそくつう、つうそくふつう)

「通ざれば痛み、通じていれば痛まない。」

これを力の流れでみると、力んでこらえると滞り、痛みやコリが生まれ、力を通すと痛みやコリは生まれないと捉えることができます。

例えば、立って腕を前へならえのようにしてしばらく腕をあげていると腕や肩が張って辛くなってきますよね。(これがこらえる動きです。)※下の写真の左側

他には、座っている時に顔を少し前に出すと首の後ろが張って辛くなりますよね。(これもこらえる動きです。)

当たり前ですが、地球上にいると重力が働いているので、上から下に力の方向性が働いています。

重力に逆らいながら、筋肉でこらえると身体への負担が大きくなります。

重力に対しては逆らわない。

そのためには、力を通すことが大切です。

先程の立って前へならえのようにして腕をあげる時、正面方向(←の方向)に力を通すようにあげていると、ただあげている時よりも腕や肩の辛さを感じにくくなります。(これが力を通す動きです。)

〈その場でこらえる〉
〈力を通す〉

見た目では分からないですが、力が通せているかどうかという視点です。

また、座っている時、若干顎をあげて坐骨、足裏と接地している所を感じながら重力に身体を預けるように座ると、首や背中の辛さもなく座れます。(これも力を通す動きです。)

体験して得られた気付き

力んでいる時は自分が力んでいるという認識がないものです。

まずは、実際に力を通し、その後の力みが抜けた感覚を感じてもらうことで、自分が力んでいたのかを実感される方が多いです。

Aさんにもまず、肩をあける調整法や鼠径部を緩める調整法をしてもらうと、その後の力みが抜けた感覚を体感され、初めとの違いに驚かれていました。(肩のコリや股関節の痛みも和らいだようです。)

力みが抜けた感覚など、実際に身体で体験して初めて気付くことは多いものです。

私自身、学んだ調整法をする中で、肩こりや腰痛が気にならなくなりました。

力を通す経験を重ねることで、動きの中での力み癖も取れてきますし、自分の身体がどうすれば楽かを知る事にも繋がってくるので、自分で動いて体感することも大切だと感じています。

コリや痛みなどの不調を改善させるには、動きの中で力を通すことも大切になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA