第5回呼吸体験イベント~力を通し、力まない体作り【上肢編】~開催報告

2018年11月24日 第5回呼吸体験イベント

継続で参加されている方は今回で4回目となり、第1回目から4ヶ月が経過しました。

1回目の自然呼吸、2回目の基本呼吸法、3回目の横隔膜の解放という流れで学び、日常で実践される中で、皆さんそれぞれ体の変化や気付きを得られているようです。

「気付いたら、下腹部のポッコリしていたのがへこんでいた。」

「座った時に楽に安定して座れるようになった。」

「無意識に歯を食いしばっているなど、自分が力んでいる時に気付けるようになった。」

「朝起きた時のしんどさがなくなっている。」

「丹田呼吸をすると、お通じが良くなる。」

「呼吸が落ち着くと、気持ち(感情)の波に左右されにくくなった。」

呼吸体験イベントは、1~2カ月に1度の開催ですが、参加者さん同士が自分の体験を話し、共有できる場なので、自分が感じていなかった視点に触れられることも面白いところだと実感しています。

今回はお一人が欠席のため、2名での開催となりました。(申込みいただいて参加できなかった方は、後日個人レッスンという形で対応します。)

今回のテーマは、~力を通し、力まない体作り【上肢編】~ということで、6つの調整法をご紹介し、動きの中で力を通し、力みが抜けた感覚を体感していただきました。

手をつくこと、手~肘~肩のラインを感じながら力を通すことで、上肢の力みが抜け、安定した呼吸がしやすくなります。

今後の開催に向けて、参加者さんからいただいた感想をご紹介します。

〈50代 女性 まんのう町〉

●今回のイベントから何か得られたことはありますか?

手のつき方にポイントがあるのですが、自分のてのひらが思うように指を開けなくなっていたのと、下にぴったりくっつけることができず、指が曲がって浮いてしまっていることが、治せないのに気づいてびっくりしました。(特に痛い方の右手が。)
先生が手の骨の模型をみせて下さって、指の骨が手首から五つに分かれてつながっているのを教えてくださって、根元からほぐしていけば先の指も開けるようになるといわれたので、今日教わった動きを練習してみたいと思います。

●参加してみて思ったこと、感じたことを何でも良いので教えてください。

今日は今まで参加した中で一番疲れました。
私はてのひらが弱いせいか、終わり頃には手がぷるぷる震えていました。
手首はまだちょっと痛いけど、肘・肩・背中は楽になった気がします。
仕事中、思うように動かせない右手の薬指がやはり一番開きが悪いので、なるほど、そういうことかと納得がいきました。
でも、“力を通す”という感覚は初めてなので、慣れるまでには時間がかかりそうです。

〈60代 女性 大阪府〉

●今回のイベントから何か得られたことはありますか?

今迄生きてきて、見えないものを見る?考えたこともなかった。
見えないものを見る、感じる事は大切な事なんだと思いました。
感じとるのは、なかなか難しい...

●参加してみて思ったこと、感じたことを何でも良いので教えてください。

ワークをしてみて、自分なりに理解できたかな。
力を通すを意識して物を動かしたり、持ち上げたりするようになった。
手、腕の疲れ方が今迄とちがうように思う。
見えない物もある、働いていると意識することで、身体を労わる事が出来るのかなと思いました。

調整法は一見すると、ストレッチのように伸ばす動きに見えますが、その場でこらえず、体の中で力を通せているかどうかで、体への作用が全く違うものになります。

力まないためには、力を抜こうとするのではなく、力を通す、力が通る体験をし、その感覚を記憶し、強くすることで、自然と力みは抜けてきます。

体験から気付いたこと

呼吸体験イベントでは、調整法やワークを通して、自分の体と向き合う時間を提供しています。

自分の体の反応を捉えることは、中には難しく感じる方もいらっしゃいます。

僕自身がそうでした。

自己実践していて難しく感じていたことは、変化を感じとる、起きた変化を認識することです。

ここがなければ、調整をしてもただこなすだけで、やっている感はありますが、心身の変容はあまり起きません。

起きないというより、起きていてもそれに気付けていないといえるかもしれません。

なぜ、気付けないのか?

僕の場合ですが、自分で制限をかけてしまっていたことが一つの要因だと気付きました。

ある本や文章を読むと、呼吸が楽になる、体が楽になる。なんでだろう?

海や自然を眺めていると、呼吸が楽になる、体が楽になる。なんで?

なんでだろうと、考えていましたが、ふと、自分の中で限定していた視野や世界が広がると、呼吸が楽に、体が楽になる、なるというよりはそうなっていることに気付きました。

一言でいうと、ぎゅ~っと固まったものが、ほわんっとほどける感じです。

凝視していた目が外れる、力いっぱい握っていた手がそっと緩むそんな感覚です。

呼吸が通り、体の隅々まで流れる。

自分の制限が外れると、すでに起きている現象に気付きやすくなります。

体に備わる息づかい、自然な循環が働いていることを認識することができます。

人は自分の中である価値観を持って生きています。

それ自体は決して悪いことではありません。

ただ、今の現状を変えたい、体の声を聴いて自分なりの楽を選択して生きたいのであれば、素直になってやってみる必要があるかもしれません。

体の衝動を捉える、認識することは特別なものではなく、本来誰しもが持っているものです。

僕の場合は、頭(思考)で制限をかけていたため、調整後の変化や起きた事実を認識し辛くなっていたということです。

すでにあるものに気付くには、自分の中で制限をかけないことが大切だと感じています。

自分がエラーを起こしているかいないか、体(呼吸)は正直に答えてくれます。

今、参加していただいている方も実践している中で、何かしら不調やエラーが起きるかもしれません。

そんな時ほど、日常の動きの中で自然呼吸を感じてみてください。

不調やエラーから気付きを得れることが必ずあるので、焦らず共に学んでいきましょう。

イベントを体験したい方のご参加もお待ちしております。

《次回のイベント予定》

~力を通し、力まない体作り【上肢編】~

  • 12月8日(土)13:30~15:00
    (3名様空きあり)

参加費は4,000円となります。(当日現地支払い)

動きやすい服装、水分をご持参ください。

場所は当院にて行います。(治療院横に駐車場3台分あり)

イベント受講後、復習用の動画を視聴することができます。

単発での参加も可能ですが、できれば第1回目に行った~自然呼吸を体感しよう~を受けてから、参加していただけると理解が深まります。

自然呼吸は、施術枠で受けていただくことも可能です。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA