第7回呼吸体験イベント~身体からのシグナルをキャッチしよう~開催報告

2019年7月20日 第7回呼吸体験イベント

今回は~身体からのシグナルをキャッチしよう~ということで、独特の刺激を使ったワークとグラウンディングが強くなるワークを体感していただきました。

ワークの中で身体がどうしたくなるか、どういった反応が起きるのか、そしてそれに応じた時どのような変化が起きのるか、頭の理解ではなく実際にご自分の身体で体感として、身体とコミュニケーションをとるということを学習しました。

身体とコミュニケーションをとることは難しい?

今回の講座で私が一番持ち帰ってほしかったことは、「身体とコミュニケーションを取ることは難しいことではくあなたにもできる。」ということです。

「人間には動物である本能として、ある動きをすると、こうしたくなるというような自然にバランスをとるよう調整してくれる働きが備わっています。それに気づき、そしてその身体からの声に応えてそのように動くと負担なく気持ちよく動けます。」

上の文章を読んで頭で理解しようとすると「身体からの声って何?」「なんか難しそうだけど、私にもできるのかな?」ってなりますよね。

そう思われた方。

「大丈夫です!あなたにもできます!」

難しく考えず、実際に動いてみると「あっ、勝手にそうしたくなる。」というように身体は素直に応えてくれます。

例えば、立位から前屈をする動きの場合。

立っている姿勢で股関節の骨のでっぱりに手を当て、そこからお尻を引くようにするとどうなるでしょう?

試しにちょっとやってみてください。

「身体(上半身)倒したくなりませんか?膝曲げたくなりませんか?」

なりますよね、自然に。特に倒そう曲げようと意識しなくても勝手になりますよね。(これが身体に備わる自然な働きです。)

「身体を倒したくなる。膝を曲げたくなる。」これが身体からの声です。

そして実際に身体がやりたいように身体を倒し(上半身の力を抜いてO.K)、膝も曲げたいだけ曲げてもらって、首も楽にしてもらって大丈夫です。

それでは、今度は同じように立位から前屈の動きをする時、腰から身体を倒して膝を曲げないようにして前屈してみてください。

この違い分かりますか?うっと息が止まり苦しいですよね。

身体の柔軟性がある方は少し分かりにくかったかもしれませんが、初めのように身体の声に応えて動いた時の方が楽で気持ち良く動けませんでしたか?

同じ前屈をするという動き(形)は同じでも、どのようにするかで気持ち良くできるか、身体に負荷がかかる動きになるのか、と結果がまるで違ってきます。

こんな小さなことと思われるかもしれませんが、こういった少しの動きの質の差(身体が力み呼吸を止めるか、気持ち良く楽に動けるか)が動きの癖として表現され、体質にも大きく影響しています。

こういう身体とのやり取り自体が身体とコミュニケーションをとるということなんです。

そして気づいたことを日常につなげることが養生なんです。

実際にやってみると思ったより難しくないですよね。

講座ではこのような感じでいろいろな動きや刺激を使ったワークを行い、ご自身の身体とコミュニケーションをとる中で体感として気づきを得ていただきました。

身体とのコミュニケーションは、努力とか根性で続けるものではなく、シンプルに人間の身体って凄いなぁと感動しますし、身体からの声に従って動けると何より自分が楽でいられます。

身体で感じる安心を育む

今回は一年前の初回から継続で参加されている方お一人での開催でしたが、嬉しいご報告がありました。

お仕事で忙しく動くとめまいのようなふわふわした症状が起きるので、めまい症状があればすぐお薬を服用されていたようです。

ただ、お薬を服用する頻度が多くなると、身体がしんどくなり、副作用のような症状が起こっているのではと、お薬を服用することにも不安があったようです。

そんな中、前回の~力を通し、力まない体作り【下肢編】~に参加されて以降、症状に変化がみられたようです。

忙しい時も動きの中で一旦停止(踵をあげてすとんと下に力を通す)をすることで、めまい症状が落ち着てきたと驚いたように話されました。

そして、大丈夫な日が続くと、めまい症状が起きそうなあやしい感じがあっても、楽に動けている呼吸できているから大丈夫と思えるようになってきたようで、今は薬を服用せず過ごせていると笑顔で話してくれました。

めまいに限らず、頭痛、耳鳴り、肩こり、腰痛など不調(何かしらの症状)が続くとお辛いのはよく分かります。

辛いとその症状をどうにかしたいと、その症状のことばかり考えてしまうこともあるかと思います。

ただ、私自身の経験からもいえることですが、日常の中で、養生という視点を持ち、動いた時に呼吸を止めず気持ち良く動けるかなど、今の自分の身体全体を把握するよう認識できると、次第に視点が広がり、いつの間にか症状が気にならなくなっていくことがあります。

日常の中で養生という視点が持てると、身体の奥底から感じる大丈夫(安心)を育てることができると実感しています。

参加者さんからの声

今後の開催に向けて、参加者さんからいただいた感想をご紹介します。

〈60代 女性 大阪府〉

●今回のイベントから何か得られたことはありますか?

身体と対話する?難しい!!と思いましたが、先生の言われる様に身体を動かしているうちに「あっ、こういう事」言葉や文字で難しく思ったけど、感覚的に理解する事が出来ました。
ひとつひとつの動作をする時、ほんのちょっとの間をおく事で身体に無理がこない事。
頭で考える通りに無理に身体を動かすのではなく、身体が楽な様に動かす事で身体をいたわる事が出来るんだと思いました。

●参加してみて思ったこと、感じたことを何でも良いので教えてください。

今回のワークはゆっくりゆっくりの動作でした。
いつもの自分の動きになりそうになりましたが、心の中でゆっくりゆっくりと思いながらしている内に気持ちもゆったり身体も力がぬけ軽くなっていく様に思いました。
統合ワークをしてる時は、集中出来、周りの何も気にならず終わった時はスッキリしてました。
いつもイライラしたり、せかせかする事が多いので一日一回ゆっくり何もかも忘れる事が出来るのでワーク続けようと思います。

今回もご参加いただき、ありがとうございました。

呼吸体験イベントに参加してみたい方は、心よりお待ちしております。

《次回のイベントの予定》

~自分だけの気持ちいい深呼吸を体感しよう~

・10月14日(月・祝日) 13:30~15:00
(残り8名様)

参加費は5,000円となります。(当日現地支払い)

動きやすい服装、水分をご持参ください。

場所はユープラザうたづ2階和室にて行います。(施設内の第一駐車場、施設近くの第二駐車場をご利用いただけます。)

単発での参加も可能ですが、できれば第1回目に行った~自然呼吸を体感しよう~の自然呼吸ワークを受けてから、参加していただけると理解が深まります。

自然呼吸ワークは、個人セッション(施術枠90分)で受けていただくことも可能です。

お問合せフォーム←お問合せはこちら

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA