呼吸講座〜心地よい動きを体感しよう(午前)、脇の強化と横隔膜(午後)〜開催報告と次回開催のご案内

2021年04月18日 呼吸講座

今回は初めての試みで午前、午後の二コマ行いました。

午前は呼吸ワークを通して心地よい息が止まらない動きを身体に浸透させて、午後は脇と横隔膜の調整法を通して気持ちよく呼吸できる身体、そして身体の安定感に伴う深い落ち着きを体感しました。

自己実践のコツ

呼吸ワークを実践していて、「なんか動きを自分で強調している感じがある、息が止まりそうになる、身体の反応がちょっとうすいのかな、やると落ち着くけどもう一つしっくりきていない。」とお声がありました。

ちょうど最近私自身が同じ呼吸ワークを自己実践していて腑に落ちたところの問いかけでした。

解決の糸口の一つとして、フィジカル的には股関節をロックしない、そこを自由にするというところになりますが、ここは頭で理解するより体感として身体で掴んでいただきたいところです。

ここでのポイントは、“感じようとする強い意識を働かせない”ことです。

呼吸ワークや身体調整で身体からの反応をキャッチしたり、気持ちいい動きをつくるコツになります。

身体からの反応がわからなければ過度な意識が働いてしまうというのもあるかもしれませんが、ここが掴めると“難しい、苦手”から“なるほど、面白い!”にシフトできます。

私が相手に緊張感を与えないことも大切で、構えを作らないよう、一緒に動くなかでしっくりきてなかったところを掴んでいただきました。

自己実践の時もやるぞと気合い入れなくても大丈夫で、そこを作動させずにぬるっと始めるといい感じになりやすいです。

今ブログを読んでくださっているあなたも楽な自分でいたい思いがあり、身体作りに興味を持っていただいていると思いますので一つシェアいたします。

技術的なところも大事で、例えば眼の使い方、眼を凝視させるか(目の前に両手を伸ばして人差し指を立てそこをみつめる)、広い視野でみているか(目の前に伸ばした両手を横に開いて視界にその指が入るよう広い視野でみる)で身体の反応が変わります。

クライアントさんから視野を広げるように仕事(デスクワークがメイン)をしてみるとビックリするくらい楽になったと嬉しい報告をいただきました。

そういった日常につながるところも講座では共有しています。

二コマ参加されての実感

今回午前、午後と二コマ通して参加された方から講座後、「段々余計な思考が湧かなくなる感覚でした。今日は最後どっしりしてました。」とお声をいただきました。

二コマ合わせて4時間、講座を通してどんどん動きがいい感じになっていくのが印象的でした。

私も実感しているところですが、疲れた時は余計な考えを働かす余地がなくなるのかいい動きができるんですね。

講習で師から、例えばフルマラソンを走ってから、富士山を登ってから、そこから何かを始めたらいい、そこからが勝負という話があり、この言葉の意味をかみしめています。

またちょくちょく一日講座の企画もお願いしますと希望をいただいたので、近々二コマでまた開催したいと思います。

ご参加いただきありがとうございました。

次回開催予定

・5月16日(日) 13:30~15:30 
※ありがとうございます。終了いたしました。
テーマは、「深呼吸」
あなたがイメージされている深呼吸ってどんな感じでしょうか?
ふだん気持ちいい深呼吸できていますか?
あなただけの“気持ちいい深呼吸”を持ち帰っていただけます。
どんな作用が起こるかはお楽しみに!

・5月30日(日) 13:30~15:30
※ありがとうございます。終了いたしました。
テーマは、「横隔膜」
※ありがとうございます。終了いたしました。
横隔膜を解放させることは、背中をしなやかに呼吸しやすい身体、身体の安定感、精神的な落ち着きなど、“自分の軸をつくる”うえで大事なところになります。

定員は4名様。

参加費は、各日5,000円、両日ご参加の方は各日4,000円。(当日現地支払い)

動きやすい服装、水分、タオルをご持参ください。

場所は、ユープラザうたづにて行います。

呼吸や身体に興味がある、ご自分で身体を整えたい、精神的に落ち着きたい、という方は是非一緒にやっていきましょう。

初めての方も遠慮なくご参加いただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA