当院の理念(健康・治るについて)

あなたは鍼灸施術に何を期待されますか?

2019年5月から新しい元号、令和になりましたね。

お陰様で当院も連休明けに開業して3年になります。

まだ3年ではありますが、こうして継続できているのは当院に来ていただいている方や私と関わってくださる方あってのものです。本当に感謝の思いです。

今回の記事では、当院の理念について、健康・治るということに関して当院はどう捉えているのかを書きます。

今、慢性的な不調があり何をすればよいか悩んでいる方、当院に行こうかどうか迷われている方に読んでいただければ幸いです。

初めての治療院へ行く際には、少なからず不安や緊張があると思います。

鍼灸院や整体院など治療院といっても、どのような考え方を持っているのかはそれぞれ違うものです。

当院に来られる方の来院動機は様々ですが、最近はTV番組で東洋医学の特集をご覧になって鍼灸に興味を持たれて来院されるという方が増えている印象があります。

まだ世間的に鍼灸が認知されているとはいえない中、不調を改善する選択肢として鍼灸を選んでいただけることは大変ありがたいことです。

そして今、鍼灸や整体などの施術を受けられている方は、何かしらの悩みを抱え、何かしらの期待を持たれて施術を受けられていると思います。

悩みとは、問診で聴く主訴にあたり、主訴とは、最も辛い症状だと捉えています。

問診では、実際に今の症状や悩みを話していただき、そして今後どうなりたいかをお聴きしています。

今後どうなりたいかを聴くことで、当院に何を期待されているのかを知ることができます。

例えば、主訴が腰痛の場合でも、人によっては症状の程度も違いますし、今の痛みを早く取りたい方、腰痛が起こった原因を知りたい方、今後腰痛にならないための体作りをしたい方など、期待されていることは人により異なるものです。

当院としては、今の○○さんの現状を整理し、そのうえで当院ができることを提案して、お互い納得したうえで施術に入ることを大切にしています。

健康とは?治るとは?

あなたにとっての健康とは?治るとは?どういうことでしょうか?

恥ずかしながら、私は勤務時代や開業当初は鍼灸師としてどう在りたいかという明確なものはなく、ただ患者さんに笑顔になっていただけるよう心身が楽になるよう健康に導きたいという思いで施術をしていました。

健康に導きたいといっても自分の中で明確な健康についての考えはなく、漠然と楽になっていただきたい思いがあっただけです。

今、健康とは?と考えた時、ご自分の心身を把握でき、変化の中でも自己を保ち、自己をありのまま表現できること。

健康であるとは、常に安定した変わらない固定した状態ではなく、環境が変化する中でも心身の調和したところに戻れる自分であると捉えています。

次に治るということについてです。

日々の臨床で、私は治るという言葉に対して、ずっと違和感があり、患者さんから症状が治ったと言っていただけても、本当に施術で治ったのか、治るとはどういうことなのだろうという問いを持っています。

治るということに関しては、正直よく分からないのが本音ですが、今答えるならご自分の心身に不都合がなくいられること症状に捉われなくなっていることといえるかもしれません。

健康、治るについては、これが正しい、正しくないという絶対的なものはないと思います。

あくまで当院が考えている健康、治るの捉え方になります。

あなたにとって健康とは?治るとは?を考えてみることで、自分がどうなりたいか、どうしたいかを改めて知る機会になるかもしれません。

症状が起きた背景を考える

肩こりや腰痛など慢性的な不調や症状は、どうして起こるのでしょうか?

問診の時、不調になった何か思い当たる原因はありますか?とお聴きしてもよく分からないと答えられるか、デスクワークだから、立ち仕事だから、猫背だから、年齢的に…と答えられる方が多いですが、それらは本当に原因といえるのでしょうか?

デスクワークでも、立ち仕事でも、猫背と思われている姿勢でも、高齢になられても、不都合なく過ごされている方々はいらっしゃいます。

慢性的な不調の場合、日常の中で○○をしたからというよりも、どのようにその作業(行為)をしていたかが、問題になると考えています。

例えば、デスクワークで肩をいからせて力んでいると呼吸も浅くなり、肩こりなど不調になってしまいますが、デスクワーク中でも体が力まない呼吸が通った状態でいられると肩こりなどの不調をきたすことなく過ごせるということです。

日常の中でご自分の心身を把握するためには、ご自分の心身を観察する力が必要になります。

当院が行っている個人セッション呼吸体験イベントでは、呼吸と動きを通して、どんな時に体・呼吸が楽か、どんな時に体・呼吸が辛くなるかをご自身の体で体験することで、ご自分の心身を観察する力を育んでいきます。

心身を観察する力、体が楽か辛いかどうか察知することは、難しいものではなく、本来人間誰しも持ち合わせている感覚です。

湯船につかればふ~と自然に息が出ていきませんか?

たくさん運動した夜は、うとうとして眠たくなりませんか?

じっとしていると動きたくなりませんか?

そうです。

そんな感じで体からの欲求に応じられている時もあるはずなんです。

日常の中で体からの欲求に応じられると心身は楽でいられます。

当院の理念

当院の理念は、来られた方がご自分の体をご自分事として捉え、心身が楽で生きられるための切っ掛けになっていただくことです。

私自身、呼吸・整体を学ぶ中で、自分がワークを実践していくと、日常の行為での力みに気づけるようになり、自分の行為の力みに気づいたらその力みを解放することで、自分の心身が楽でいられることを実感しています。

体とのコミュニケーションをとるその過程で自分の癖を知ったり、色々と気づきが生まれてきます。

養生という視点を持ち、日常で活かすことで得られるものは大きいです。

心身が楽になる体験、素晴らしいから興味を持たれた方は一度体験しに来てください。

個人セッション(自然呼吸ワーク)は、施術枠でもご予約可能です。

分からないこと、確認したいことなどありましたらお問い合わせください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA